04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

螺旋階段(別館)

廃墟と旅。古びた建物大好き!

--

--/--

--.

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     本文: --

Page top△

2016

06/27

Mon.

ブログランキング・にほんブログ村へ

持病と私と旅 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』



持病をいくつか抱えている。
そのうちのひとつは、薬を使っても効果が感じられず、「因子は持ってるけどその病気ではないのかも?」ということになっていた。
私にとってはかなり嫌な病気だったので、「違うならラッキー。もうあんまり考えないようにしよう。」と思い、ここ数年を過ごしていた。
けれどここへきてちょっと症状が悪化したので久しぶりに病院に行ったら、薬を再開しようと言われてしまった_| ̄|〇
やっぱりその病気だったのだというショックと、嫌な副作用のある薬を再開することになった不安。
将来のこと、金銭的なこと、旅のこと…。
今まで時間はたくさんあったのに、私は晴れた日を無駄にしまくってた。
どうしてもっと、時間を有効に使ってあちこち行かなかったんだろう。どうしてもっと…。
クヨクヨ落ち込んでいた時、まずはハワイじゃなくてロンドン暮らしのPiyosophyさんの『私の救世主!シャンプーと育毛剤』というブログ記事を読んだ。

私自身、病床でQOLが非常に悪かった数年前、
もちろんロンドン住まいになるなんて思いもしなかった頃、
生きがいになっていたのは、ロンドンが舞台のドラマSHERLOCKを繰り返し見ることと、ピンタレストで世界中の美しい場所の写真を見ては、旅行をしている気分に浸ることでした。

[中略]

いつか行けたら…と思いながら作ったピンタレストの「行ってみたい場所」の写真アルバムは今も残っています。
そして、500枚以上ピンした写真の既に3分の1がクリアされようとしています。すなわち、念願叶って行くことが出来た場所たちです。


この文章を読んで、心が震えたね!
なんてすばらしいんだろう!ワクワクするー!!

私も、行きたいと思った場所は、その場限りにせず、ちゃんと情報として整理しよう。
体調が悪い時は、これから行きたい場所の下調べや、今まで行った場所を思い出して楽しもう。
持病があったって、薬を飲んだって、これからだって旅ができなくなるとは限らないんだ。
今までだって体調が万全でない中、私は行きたい場所をたくさん実現してきたじゃないか!


最初は、私にしてはめずらしくPiyosophyさんの記事へ感想コメントをしようと思ったんだけど、それだと自分の記録が残らないので、こうやって自分のブログの記事として残させてもらいました。
ありがとうございます。きっとこれから何度も、読み返して元気をもらうと思います。
スポンサーサイト


▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 20:46 [edit]

category: 言葉

thread: 心に響く言葉・メッセージ - janre:心と身体

Page top△

2016

05/30

Mon.

ブログランキング・にほんブログ村へ

私なんてダメなんだ病…インスタ3枚目 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』



このところ、「私なんてダメなんだ病」にかかってました。
まー理由はいくつかあるのですが、あこがれてる人の廃墟サイトを久しぶりに見たら落ち込んだというのが一番大きいかな。
写真が違う、センスが違う、人脈が違う、行動力が違う、なにもかもが違う!違い過ぎる!!
比べちゃダメって、わかってるんだけどねぇ(^^;
てことで、某あこがれの廃墟サイトさんは、私にとって鬼門です(爆)

もうひとつの大きな理由。
私は、ステキな写真が撮れない。
だったら言葉で補おうとは思ってるんだけど、言うほどおもしろくもないんだよね、私の文章…。
私に足りないのはもちろん才能だけど、それと多分、人への愛。愛が足りないんだな。
だから、自己完結した文章しか書けない。
場所への愛は、相当満ち溢れてると思うんだけどねw

でもまー、しゃーない。
私は私。持ってるカードで勝負するしか、ないっしょ。
そもそも、誰かと勝負してるわけじゃ、ないしw
未来の自分がこのブログ読んで楽しい気持ちになれれば、それでいいんだ。

そんなこんなで、毎度同じ着地点ではあるんだけど「楽しければいい」って再確認できたってことは、若干持ち直しつつあるかな。
未来の自分のために、ぽつぽつ更新していこうぜ。
羽ばたけ、私!いぇー!

▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 12:08 [edit]

category: 言葉

thread: 写真にコトバをのせて - janre:写真

Page top△

2014

09/15

Mon.

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は晴れてたのになぁ 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


やりたいことややるべきことがあって、だけどやる気が出なくてダラダラ過ごしちゃった時、いつも頭の中で流れる曲がある。


授かった力を余らせちゃいけないよ
僕は晴れた日を一日も無駄にしない


晴れた日を無駄にしない生き方ができれば、私は何かすごいことを成し遂げられたかもしれない。
今とはもっと違った人生を生きていたかもしれない。
そんな風に考えては、しょんぼりする。

だけどさ。
一日も無駄にしないって、すごいよね。
私なんか「一日も」って聞いただけでもう、及び腰。逃げ出したくなる。
私みたいなのらくら者には、ハードルは低くないとね。

だから、晴れた日を、そこそこ活用できる人になりたい。
そうなれたらいいのになぁ…。
そんなことを思いつつ、こんな時間に布団に潜り込んで、これから昼寝だよw
曇っていてもできることも、あるんだけどねぇ…。

▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 14:24 [edit]

category: 言葉

trackback: 0     本文: --

Page top△

2013

07/07

Sun.

ブログランキング・にほんブログ村へ

旅の歌 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』




遠くまで旅する人たちに あふれる幸せを祈るよ
ぼくらの住むこの世界では 旅に出る理由があり
誰もみな手をふっては しばし別れる



オザケンの「ぼくらが旅に出る理由」は、私の旅のテーマソングだ。
旅に出る時はいつも、この曲が頭の中で流れる。
旅に出ない時でも、旅のことを考える時は、いつも。

そのことを友達に話したら、その人の旅の歌は、初音ミクの「タイムマシン」だそうだ。

旅をする人はみんな、自分のための旅の歌を持っているのかな。

▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 16:56 [edit]

category: 言葉

thread: 旅行、旅、ドライブ - janre:旅行

Page top△

2012

12/16

Sun.

ブログランキング・にほんブログ村へ

トイレが好き 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


『極寒“雪女の便座”に世界驚愕、列車内のトイレが大変なことに。』という記事を見つけまして。
すげええええええ!って思ったわけですよ。
これはもう、見たい!使いたくないけど、ぜひ見てみたい!と。
まあ、見たいって言っても、たまたまこの時こんな感じになっていただけで、常にこんな感じに雪に覆われてるわけでは無いので、わざわざ行かないですけどね。

でも、変わったトイレ、好きなんだよなー。
前にワクワクしたトイレの記事は、『「そりゃないだろ!」っていうトイレ』です。
雪女の便座の記事ではひとつしか紹介されてないけど、この記事ではいくつもの驚愕トイレが紹介されていて、テンション上がりまくりですw
この記事で紹介されているのは、中国の掲示板で話題になっているトイレ達らしいです。
私、中国に行った時、トイレをすごく楽しみにして行ったんですけど、あんまりたいしたこと無かったですね。しょぼん。
ただ、一度だけ小規模ながらドアの無い公衆トイレに当たったことがあり、その時は、「これかー!やったぜ、ヤッホー!」と思ったものでした。


私が中国で見た、ドアの無いトイレ↑

前に読んだ本によると、ロシアの田舎のトイレは、ものすごく汚いらしいです。
どのくらい汚いかというと、便器までたどり着けないくらいに汚物が床に山を作ってるらしいです。
一度、見てみたいねぇ。絶対に使いたくないけど!

『【トイレに】 世にも奇妙なトイレ画像 【行っトイレ】』なんていうトイレ特集もありますが、こちらは意図的に風変わりに作られているトイレが多いので、そこまで興味を惹かれません。

なんでトイレが好きかって言うと、変わったトイレがよく夢に出てくるからだと思うんですよ。
トイレに行きたくてトイレを探すんだけど、まともなトイレが見つからないという悪夢です。
夢に出てくるトイレはいつも、人から丸見えだったり、ものすごく汚かったり、水が流れなかったり、何かしら不具合があります。
でも、目を覚ましてから思い返すと、「ああ、いいトイレだったな…」って懐かしく思うわけです。
ドアや仕切りがひとつも無いだだっ広い空間に不規則にたくさん並ぶ便器の群とか(しかも古い!)、キッチンや居間付きのそこだけで生活できそうな快適空間ぽいトイレとか、壁の3方向に引き戸(鍵無し。閉めてもすぐ半開きになる)がついてる民家の中のトイレとか…。
他にも、文章では説明できないけど、いろんなステキトイレが私の夢に登場しました。
まあどのトイレも使うのはためらわれるんだけど、観賞用としてはナイスなものばかりでした。

というわけで、今、流行はトイレだと思うんですよ!
トイレの博物館とか、行ってみたいかも…w
でも、博物館でキレイに展示してあるトイレには、興味持てないかもね。
一応、検索で見つけたトイレの博物館のリンクを貼っておきます。

愛知のトイレパーク(INAXライブミュージアム)
北九州市のTOTO歴史資料館
石川県の世界のトイレ(日本自動車博物館の付属施設)
インドのSulabh International Museum of Toilets
韓国の解憂斎/Mr.Toilet House(水原)
ドイツのトイレの博物館

インドのと愛知のが、おもしろそう。
いつか行けるといいなw

▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 11:54 [edit]

category: 言葉

thread: 趣味と日記 - janre:趣味・実用

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。