08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

螺旋階段(別館)

廃墟と旅。古びた建物大好き!

--

--/--

--.

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
▼ツイート?▼ 
 

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     本文: --

Page top△

2007

08/10

Fri.

ブログランキング・にほんブログ村へ

旅0006_シンセン@香港3日目 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』



国境を越え、中国のシンセンへ。民族村に行ったり、マッサージに行ったり。中国のちょっとダークな一面も見ました。


ミクシィで知り合ったMさん夫妻と一緒に、シンセンに。
KCRという電車の、始発駅から終点駅まで乗りました。
私が泊まっていた尖沙咀からシンセンまで、電車で40分くらいなのに、パスポート(出国・入国審査)が必要なんだよ。

車窓から見える景色は、案外自然が豊富。
香港の中心街は、ありえないくらいに高いビルが並んでいるのに、ちょっと拍子抜けな感じ。

みんな、こっちに住めばいいのにな。
けれど、M夫さんにそれを言うと、「通勤に1時間とかありえない」そうなので、やっぱ混み混みでも都心に住みたいんでしょうね。香港人は。


車窓から見た、ステキなお家♪
入ってる年号は、建てた年と増築した年なのかな?

シンセンの駅に着くと、小さな人だかりができています。
見ると、真ん中には座り込んで泣きながら吐いている男の子が。
けど、周りの人はそれを黙って見てるだけで、誰も声をかけない。
えー、なんで?親はどうしたんだろうってのも気になるけど、それにしたって通りすがった人、普通声かけるでしょ。救急車呼ぶとかさ。
Mさんは以前シンセンで、意識を失った女の人の顔をバシバシ叩き続ける男の人を、見かけたことがあるそうです。
その時もやはり、人だかりができていて、そして誰もが遠巻きに眺めているだけだったそう。
なんか、怖いな。シンセン。

でも、飲茶はおいしかったです。
蝦腸粉と蝦餃が、特においしかった♪


さて、昼食の後は民族村に行くつもりが、なんか世界の窓に来ちゃいました。
中に入るには入場料がかかるので、外から眺めるだけに。
無節操な感じで並ぶ、いろんな国の石像がナイスです。

タクシーで民族村に移動し、入場。入場料が思いの他 高い。



そして、「これは民族と関係あるのか!?」と思わせる、ゾウさんや火の鳥さん登場。
おもしろかったから、いいけど。

民族村は、中国のいろんな民族の家や人々の生活なんかが展示してあります。


この建物は、なんだかねじれてておもしろい形。
私は、古い民族っぽい家が見たくて、ここへ連れて行ってもらいました。
が、案外どの家も小奇麗なのね。ちょっとガッカリw


でも、前髪だけを伸ばして小さな三つ編みにしている民族を発見して、盛り上がる私。
このオニーサンたちは、私生活でもこの髪型なのかしらね。


こんな、きれいなオネーサンも歩いてたり。
建物より、人の方がいろいろおもしろかったかも。

さて、民族村は広かったです。暑くて広い。広くて暑い。
とてもじゃないけど、全部は回りきれませんでした。
巨大なターザンみたいなアトラクションを体験したら、なんか気が抜けちゃって、民族村を後にしました。

巨大ターザンはしかし、気持ちよかったなぁ。

民族村の次は、マッサージ♪
シンセンでは、香港よりもずっと、マッサージの値段が安いのです。
奮発して、足裏、フェイシャル、全身と、3種類ものマッサージをお願いしちゃいました。
香港での、こじんまりしたマッサージ屋さんとは対照的に、驚くほどの椅子が並んだシンセンのマッサージ屋さん。
さすがに全体の写真は撮れなかったけど、あれは、壮観だったなぁ。
数百…いや、千くらいの椅子が、ズラリと並んでいたんじゃないだろうか。


全身マッサージは個室でやってくれたんだけど、その個室がまた、ものすごく部屋数が多い!
迷路みたいな通路をくねくねあちこち、道に迷いそうでした。
たくさん部屋が並んでるとかって私、大好きなので、すんごくワクワクしました。

肝心のマッサージは…途中で寝ちゃったのよね。もったいない。
Mさんの話では、シンセンのマッサージ師のお姉さんたちは、チップだけで生活しているとのこと。
お店はさぞかし儲けていることでしょう。

マッサージを終えたら、夕食。
好き嫌いの多い私を、おいしいイタリアンのお店に連れて行ってくれたM夫妻。
そのお店は少し駅から離れていて、客引きをしていたタクシーに乗ったら、なんかちょっとぼったくられてました。
「モウマンタイ」とか客引きが言うと、「モウマンタイじゃないよ、ヤウマンタイだよ」と怒っていたMさんが、なんかかわいくておもしろかったですw
タクシーでぼったくられたり、両替所で両替してもらったお札がニセ札だったり、シンセンは怖いところじゃったー。
私ひとりでは、とうてい太刀打ちできなかったヨ。
Mさん、M夫さん、どうもありがとうございました!
本当に、お世話になりました。

ってことで、ホテルに帰ったんですけどもね。
24時までに、中国出国・香港入国の手続きをしなくちゃいけないのに、うっかりおしゃべりに興じていた私たちは、駅でダッシュするハメになるのです。
いやー、危なかった。
香港で24時目指して走るってのは、到着日に続き2度目です。
帰りの電車が、あまりにガラガラで、ちょっと怖かった。



電車ついでに、オマケ画像。香港の駅の自動改札は、こんな感じ。

駅から宿までの地下道も、あまりに人がいなくて、ちょっと怖かった。
しかし、とっても楽しい一日だったんですのよ。


▼スライドショー▼
香港3日目


▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
▼ツイート?▼ 
 
「中国」カテゴリの関連記事

Posted on 12:07 [edit]

category: 中国

thread: 旅日記 - janre:旅行

Page top△

コメント:投稿

Secret

Page top△

トラックバック URL

→http://0rasenkaidan0.blog114.fc2.com/tb.php/34-f234133c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。