09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

螺旋階段(別館)

廃墟と旅。古びた建物大好き!

--

--/--

--.

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
▼ツイート?▼ 
 

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     本文: --

Page top△

2012

07/27

Fri.

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゲント美術館名品展 ~西洋近代美術のなかのベルギー~ 

◎当ブログ初めての方はお読み下さい >> 『自己紹介』


ポスターに惹かれて行ってみた美術展。
ポスターにあったのは、以下の2点。


■アンナ・デ・ウェールト(6月の私のアトリエ)
庭に咲く青い花がステキ。
原画も、淡い色調でステキだった。
ただ、同じ画家が描いたもう1枚の絵は、私は好きでは無かった。
たいてい、同じ画家が描いたものは、似た傾向の絵だからどれもそこそこ気に入るのだけど。


■エドワード・アトキンソン・ホーネル(春の田園詩)
原画はちょっとドギツイ感じで、イマイチだった。
ポスターの方が、いい印象。
いわゆる、「写真写りがいい」ってヤツでしょうか。

***

ポスター以外で、気に入った絵たちの感想。
サイズの都合上小さく小さく縮小してしまったけれど(残念…)、実物はどれも大きな絵でした。


■レオン・デ・スメット(室内)
これは、すごーくよかった!!
もう、絵の前に釘付け状態で、長い時間 見入ってしまいました。
この画像では非常にわかりにくいだろうけど、右下の暗いソファで、恋人たちがキスをしているのよw
ほの暗い室内は雰囲気があって、本当にステキなの。
点描がキライな同行者も、この絵は絶賛。

作中の壁の2点の絵も、この画家の作品なのだとか。
今回はこの1点しか見ることができなかったけれど、機会があれば他の絵も見てみたい。



■ジェイムズ・ガスリー(村の子どもたち)
色合いが懐かしい感じの、素朴な絵。
表面がマット(つや消し)な感じに仕上げてあるのが、この絵によく似合っていた。

前を歩く女の子は、どうして後ろの2人と並んで歩かないんだろう?
ケンカしたのかな。それとも、前の子は貧しいながらも優等生で、いつもお高くとまっているのかもしれない。などと、色々想像を誘われた。



■レオン・フレデリック(告別の食事)
徳永英明の「MICONOS」という私の大好きな歌の歌詞を連想した。

仮面をつけた 黒装束の 昼間見た老人達は
空を飛べないペリカンになり 教会の鐘鳴し始める


この絵の老人たちは仮面は付けて無いけれど、歌の老人たちはきっとこんな感じなのに違いないと思った。



■エミール・クラウス(晴れた日)
この絵は、すごく気に入ったという訳じゃないんだけど。
私の大好きな画家であるアンドリュー・ワイエスと、光の感じとかが似ている気がして、ちょっと気になった。(いい意味で)
ワイエス程 写実では無いけれど、その分柔らかい感じがした。

…って書いたけど、実は似て無いかも(^~^;
ワイエスの絵でこんな感じの光の作品を探したんだけど、見つからない。

ワイエスに関しては、興味持ってくれた方は検索してみてください。
私、日記に書いたことがあるかと思ったら、書いてないようです。
そのうちに、書きたいと思います。



■ヤン=フランス・ヴェルハス(お絵かき上手)
私が好きな、一時期のオランダの超写実な静物画っぽい雰囲気。
検索してみたら、私が好きなタイプのオランダの静物画は、17世紀頃に流行ったらしい。
特に名前を覚えるほどに好きな画家がいるわけじゃないんだけど、「オランダ 写実 静物画」で検索して出てくるようなタイプの絵が、私は好き。
黒っぽいバックにつややかに浮かび上がるような、超写実な静物たち。
題材は、食べ物だったり、チューリップだったり、髑髏だったり。
この絵は人物だけど、同じ雰囲気を感じました。
でもやっぱり、このタイプは、静物の方が好きかな。



■フェルナン・クノップフ(茶色の瞳と一輪の青い花)
ちょっと独特でおもしろい人物画を描く画家さんです。
ちょっと好き。


美術展を見に行くことはたまにあるのだけど、こんなにマジメにレポートを書くなんて、初めてかも。
いつも、「よかったなー」と思っても、文字にするのが面倒で 結局書かずに済ませてしまうからね。
毎回これぐらいマジメにレポート書けたら、未来の私が喜ぶのに。
面倒で、ついつい感想書かずに終わらせちゃうことが多いんだよなぁ。

▼ブログ村・廃墟ランキング▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
▼ツイート?▼ 
 
「絵の感想」カテゴリの関連記事

Posted on 17:03 [edit]

category: 絵の感想

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。 - janre:学問・文化・芸術

Page top△

コメント:投稿

Secret

Page top△

トラックバック URL

→http://0rasenkaidan0.blog114.fc2.com/tb.php/69-43b996c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。